三味線皮 リプルについて

ripple三味線皮リプルは小松屋の社長の幼い時にお兄様が作って下さった折りたたみ椅子からヒントを得てできた製品です。
折りたたみ椅子の座る座面の部分の布が椅子を広げた時にピンと張ったところをポンポンと指ではじくととてもいい音がしたのだそうです。
三味線の本皮に代わる製品はないかと社長が考えた時にその思い出がヒントとなり三味線皮リプルのアイディアが浮かんだとのことでした。

そこからリプルの原型となる人口皮の研究開発が始まり平成22年に実用新案取得、現在は、特許申請手続き中、商標登録中です。
リプルの開発のために夜も寝ず会社の作業場に籠る日が何か月も続きました。
何百回もリプルを張って、本皮の本物の音に近づけるよう試行錯誤の日々でした。
時にはリプルが作業途中に破れてしまうこともありました。
それは一度や二度の出来事ではありません。
その苦労が実り、実用化の一環として平成27年7月に三味線皮リプルを試用期間として売り出しができるまで至りました。
リプルという名称は、社長の「さざ波」みたいな心地よい響きを目指し英語の意味でripple(さざ波)と名付けました。
当社Ripplesもそこから名前を頂戴しております。
「Rippleはさざ波という意味。当社のRipplesの概念は1つのもの(独り)が複数形(仲間)になり大きなものに羽ばたいて広がっていくイメージ。」
そして、27年11月に各機関、各業者様のご協力を得て三味線皮リプルは正式に販売させていただくことになりました。

日本音響研究所にて三味線皮リプルの音源を分析

更なるリプルの音の研究のために、日本音響研究所様に依頼いたしまして平成27年10月20日、音響ハウス様のスタジオにて
長唄(四っ皮 と 三味線皮リプル)
津軽(犬皮 と 三味線皮リプル)
の違いを分析のために録音いたしました。

平成28年1月15日その結果報告を受けました。
*三味線皮リプルは四っ皮と犬皮の張力とほぼ同程度してあります。

 

おすすめ商品

  1. しゃみ小町(お土産三味線)
  2. 三味線人工皮リプル・スペア胴
  3. 津軽紅木並延棹 一般用リプル張り 完成品
  4. 三味線リプル皮張り注文
  5. 職人の技

Facebook

blog

ページ上部へ戻る